ドクター

うつ病になるには原因がある|病魔に打ち勝つ術

うつ病の原因

女性

ストレスによる発症

うつ病は現在、申告していない人の割合も考慮すると10人に1人の割合で発症していると言われています。決して他人事ではなく、ごく身近に存在する病気だと言っても良いでしょう。患者がこれだけ増加した背景としては現代社会がとてもストレスが溜まりやすくなっているという点が挙げられます。うつ病を発症する原因には色々なものがありますが、最も大きなウエイトを占める原因がストレスです。発症する原因とされるストレスには大きく分けると4種類あると言われています。そんな中でも最も多いのが精神的なストレスではないでしょうか。人間関係が上手くいかなかったり、自分が現在居る場所の県境が良くなかったり、さまざまなトラブルに巻き込まれて精神的にとても疲弊し、その状況から逃げ出したくなるような精神状態になっているとかなりストレスを抱え込んでいると言っても良いでしょう。そのままの状態を放置しているといずれうつ病を発症します。そして身体の構造が原因でうつ病になることもあります。骨格や筋肉が歪んでいると、ちょっとしたことで疲れやすくなったり場合によっては痛みを感じることもあります。痛みや疲れを常に感じていると脳にプレッシャーがかかり続けるような状態になります。身体のゆがみを改善しないままだと脳が疲れ切ってストレスが蓄積されていきます。女性の中には食事制限をして無理なダイエットをしている人も中には居ますが、栄養分が不足した場合にもストレスが溜まっていきます。これは化学的ストレスを呼ばれていて、特に脳の活動に必要不可欠な糖分が不足すると心と体のバランスが崩れてストレスがとても溜まりやすくなります。栄養不足もいけませんが、好きな物ばかりを食べて摂取する栄養素が偏っているのも良くありません。もう一つ、自分が過ごしている環境の気温もストレスの原因になります。夏場は暑すぎる為、何を絶っても汗が噴き出てきてイライラしますし、逆に寒すぎる冬も体が縮こまって何となく憂鬱な気分になりやすいです。元々冬場はうつ病の発症率や再発率が高いと言われています。これには気温も大いに影響しているのかもしれません。もし、今自分が置かれている状況においてストレスを多大に感じていることを実感しているのであれば我慢しすぎるのはあまり良くありません。ストレスから逃れることはできませんが、常軌を逸したストレスを感じていることは身体にも精神にも良くないです。時には周りに相談して環境を変えたり、自分なりにストレスを解消する方法を見つけて現状を変える必要があります。