ドクター

うつ病になるには原因がある|病魔に打ち勝つ術

性格によるうつ病発症

ドクター

うつ病になりやすい性格

うつ病になる原因として、その人自身が元々持ち合わせている性格が大きく影響します。では、どのような性格の人が当てはまるのでしょうか。日本人は比較的うつ病を発症しやすい性格の人が多いと言われています。どうしてかというと、うつ病を発症する可能性が高くなる性格の一つに執着気質と呼ばれる性格があって、日本人は特に執着気質の人が多いとされているからです。執着気質の人というのはどのような性格かというと、とてもまじめで何事にも妥協を許さない完璧主義者といった人が執着気質に当てはまります。この性格の人は当然仕事にもとても熱心に取り組むすばらしい性格ですが、妥協を許さないといったマイナス面も持ち合わせています。妥協しないがゆえにストレスを普通の人以上に感じるのです。ストレスがうつ病の大きな原因になっていることは今更改めて言うまでもありません。そして生真面目で一生懸命過ぎて疲れを溜めやすいのもうつ病を発症する大きな原因の一つになります。執着気質だと自覚している人はあまり気負いせずに仕事をするよう努めたり、適度に力を抜くなどストレスを溜めこまないように自分の考え方を改めることも必要です。執着気質なうえにメランコリー親和型と呼ばれる性格がプラスされていると余計に危険です。メランコリー親和型の人は自分の中で勝手に秩序やルールを作ります。そしてそのルールに従って自分の行動を知らず知らずの鬱に縛り付けるのです。何としてもルールを守ろうとすれば精神的にストレスを溜めこむ原因となることは容易に想像できます。メランコリー親和型の人は、その日に絶対にしなければいけない事でないのであれば時には翌日以降に回しても構わないという柔軟な考え方にシフトしていくことによってうつ病を予防できます。循環気質という性格の人もうつ病を発症しやすい性格だと言われています。循環気質の人は二面性が見られるのが大きな特徴です。ある時はとても社交的でユーモアにあふれ、とても親しみやすくて活発にコミュニケーションを取るのですが、別の日はそれとは全く逆で誰ともコミュニケーションを取ろうとせず、とても物静かな性格が顔を出します。他の人から見ればとても同一人物とは思えないでしょう。性格に二面性がある人は井用の揺れ動きが普通の人より大きいため、精神的に疲弊しやすいです。そして周りの人に振り回されやすい性格の人が多く、大きな決断をするときも周りの人の事を優先し、なかなか決断できずストレスを溜めこむことになります。人間の性格というのは常に同じではありません。周りの環境によって今までとは全く違う考え方に代わることも十分あるのです。