ローンに追われない

建設中の不動産物件

これから新しく引っ越しをするにあたり部屋を探しに不動産屋にいきます。
物件を紹介してもらって契約までにすすんだときに賃貸契約を結ぶための初期費用として礼金があります。
この礼金ですが、いつからあるお金かというと戦後の住宅事情がいまよりもよくないときに地方から上京してきた人は部屋を探すのが大変だったのです。
そのためやっと貸してくれた大家さんに対して毎月の家賃以外に入居させていただいてありがとうございます、今後とも何かあった時はよろしくお願いしますという意味で謝礼の意味で渡したお金が礼金のはじまりだとされています。
しかし、現代では住宅事情はよく空き家もあるくらいですからこのような意味で払いっている人はいなく、慣習的なお金として残っています。

礼金は、賃貸契約を結ぶときに当たり前のようにかかる費用であったのですが最近は、礼金がかからない賃貸物件も増えてきているのです。
それは大家さんの事情も関係しているのです。
大家さんになとって一番のリスクは空き部屋ができてしまうことです。
空室ができるとそれだけ収入がまったく入ってこないわけですから、固定資産税も支払えなくなってしまいます。
そこで、礼金をとらないことで初期費用を安くなりますので、借りやすくするという意図があります。
さすがに新築物件や利便性のいい物件は礼金免除にはなりませんが、駅から離れていたり築年数の長い物件であれば礼金がかからないという賃貸物件も増えています。
ただし、退去時にお金がかかるケースもありますので契約内容をよく確認しておくことです。