環境を変える

庭の素敵な戸建て物件

賃貸物件を利用する際は、家賃だけに目が行きがちですが、その他必要になる諸費用にも注意して、部屋選びの段階からよく確認しておく必要があります。
一般的な物件では、敷金というものを貸主に預けなければなりません。
借主には退去時に、自分がつけた部屋の汚れや傷などを修繕してから返さなければならない、という義務があります。
この費用に充てられるお金が敷金で、余ったり修繕が不要であったりした場合は、返還されます。
また、礼金といって貸主に対するお礼的な意味のお金も支払う必要があります。
この他、階段や廊下など共用部分の維持管理に使われる共益費、駐車場を利用する場合は、使用料がかかる場合もあります。
また、不動産屋が物件を仲介する場合は、手数料を支払わなければなりません。

一方で、賃貸住宅市場では価格競争も進み、こうした費用を値下げ、あるいは撤廃するような物件も増えています。
敷金・礼金ゼロ、というのを聞いたことのある人も少なくないと思います。
こうした物件では、長年の習慣でもあった、敷金や礼金をとらないのです。
こうして、他の物件と比較したお得さをアピールポイントにし、入居者を集めています。
また、不動産屋も仲介手数料を割引、あるいはゼロにするところが出てきました。
経営合理化による人件費や広告宣伝費の削減などの企業努力で、こうしたことを可能にしているのです。
引越しや家具の購入なども含め、何かと賃貸住宅入居の際は出費がかさんでしまいがちですので、こうした取り組みはありがたい限りです。