ドクター

うつ病になるには原因がある|病魔に打ち勝つ術

うつ病の原因にもなる不眠

ナース

不眠でうつ病が悪化

うつ病の原因は人によってさまざまですが、多くの場合精神の内奥に積み重なったいくつかのマイナス要因が過度のストレスを受けるなどして、その重みに耐えきれなくなり心身にもたらされた多大なダメージのうち、心の病としてあらわれるのがうつ病と考えられます。不眠症のほうも精神的ダメージの悪影響を受けやすい病気ですが、不眠が続くことで慢性的な倦怠感や胃腸の不調、代謝機能の低下などが起こるため、身体にも多大な影響を及ぼします。不眠の症状はそれ自体がストレスになるため、気分の落ち込みをさらに深めてうつ病の発症を促すことにもなりかねません。入眠障害や早朝覚醒などで睡眠時間が短くなり、睡眠の質も落ちることで慢性的な睡眠不足なり、昼間に眠気やだるさを感じるために集中力が無くなり活動の質も低下します。この状態で毎日を過ごすと体内時計に乱れが生じて、うつ病の原因の一つと考えられているセロトニンの分泌量低下を招いてしまいます。脳内の神経伝達物質であるセロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ幸福感を抱く上で非常に重要で、セロトニンが極端に不足すると幸福な気持ちになれないため、ストレスを受けた場合落ち込む一方になります。セロトニンは幸せな気持ちになるために重要なだけでなく、夜の安眠に欠かせないメラトニンという睡眠ホルモンの材料でもあり、セロトニン不足は不眠にも直結してきます。セロトニンは人が朝目覚めて太陽光を浴びることで分泌が開始され、昼間の活発な活動で活性化が促されて夜のメラトニン分泌のために欠かせない材料です。セロトニンが足りないと睡眠ホルモンのメラトニンを十分につくれなくなるため睡眠の質が低下して不眠になり、夜型生活に陥りがちな現代では午前中に太陽光を満足に浴びないままで昼間のセロトニン分泌量がさらに減ってしまいます。セロトニンとメラトニンの関係性をみるだけでも、うつ病の原因には不眠が大きく関わっていることがわかりますが、もう一つ不眠が症状の一つになっている病気に自律神経失調症があります。自律神経失調症はうつ病と症状の一部が似通っていることで混同されやすいと言われますが、不眠症と同様にうつ病の原因になる面もあり、捉え方が難しい疾患でとも言えます。いずれの病気にしても異変を感じたら出来るだけ早く治療を開始することが悪化を防ぐ上で重要になりますが、うつ病も自律神経失調症も知らず知らずのうちに症状が進み、気が付いた時にはかなり悪化しているという厄介な病気です。それらの中では不眠の症状が比較的異変を感じ取りやすいため、睡眠に関する悩みが出て来た段階でうつ病や自律神経失調症の悪化リスクを考えておくほうが、本格的な発症を防ぐ一助にもなります。